日本の遊園地で起きた悲惨な事故TOP5




5、ナムコ ナンジャタウン・地獄旅館

ナン1

2005721日 東京都豊島区サンシャインシティ内の屋内遊園地、ナムコ・ナンジャタウンで開演前に事故が起きた。

 

事故が起きたのは、もののけ番外地内のアトラクション「地獄旅館」。

 

演出物の点検を行っていた女性アルバイトが、誤作動した装置に挟まれ意識不明の重体となった。

 

このアトラクションに設置されていた、旅館の岩風呂に似せた展示物は、客が岩風呂近くのセンサーに手をかざすと、空気圧で蓋が開き、蓋にぶら下がった妖怪にライトが当たる仕組みだった。

 

ライトの当たり具合が悪かったため、この女性アルバイトが点検に当たったのだ。

 

その際、蓋をのぞき込んだ時に、岩風呂と蓋に体が挟まれるという事故が発生した。

4、小山ゆうえんち・ジェットコースター

おや1

1971818日 栃木県小山市の小山ゆうえんちで、死亡事故が起きた。

 

当時、アルバイトをしていた16歳の高校生が、乗客が落とした財布を拾うために、ジェットコースターの線路内に入った。

 

そこに、高速で突っ込んできた4両編成のジェットコースターにはねられたのだ。

 

アルバイトの高校生は、全身打撲で死亡した。その後、小山ゆうえんちは、経営不振に陥り2005年に閉園している。

3、多摩テック・ゴーカート

たま1

1971214日東京都日野市の多摩テックで、13歳の男子中学生が死亡する痛ましい事故が起きた。

 

当時、男子中学生は、首に長さ1.5mのマフラーを巻いてゴーカートに乗車した。

 

そのマフラーが、走行中のゴーカートの車軸に巻き込まれ、マフラーに首を絞められる形で、即死した。

 

この事故の後、多摩テックでは、マフラーやスカーフを着用しての遊具の利用を規制することとなった。

2、りんどう湖ファミリー牧場・バギーカー

りん1

20021113日栃木県那須町のりんどう湖ファミリー牧場で、バギーカーに乗っていた女性が死亡する事故が起きた。

 

仙台市から来ていた26歳の会社員女性が、林道を走るアトラクション「ウルトラバギー」に乗車。

 

女性は事故当時、流行していた長さ2.7メートルのロングマフラーを首に巻いた状態でバギーを運転していた。

 

このロングマフラーがエンジン部分の駆動部に巻き込まれてしまい、首が絞まって窒息死してしまったのだ。

1、東京ジョイポリス

ジョ1

2005418日お台場の東京ジョイポリスで、男性がアトラクションから転落し死亡する事故が起きた。

 

この男性が乗車したのは、スカイダイビングのシミュレーション機「ビバ・スカイダイビング」。

 

このアトラクションは、6名一列の座席が、約12メートルの高さまで上昇、その後座席を上下させることで、スカイダイビングを疑似体験できるというものであった。

 

マニュアルでは、肩と腰を安全バーとシートベルトでそれぞれ固定することになっているが、この男性は胴回りが大きくシートベルトを装着できなかった。

 

そのため、安全バーだけで運行を開始。座席が上昇し60度まで前傾したときのことだ。

 

安全バーをすり抜けて5m下の床面に落下し、全身を強く打ち付け、1時間半後に亡くなってしまった。

 

この男性は、足が不自由であったために、座席が前傾した時に足を踏ん張れず落下してしまったのである。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です