実際に存在する奇妙すぎる恐怖症7選




7、ピエロ恐怖症

ぴえ1

ピエロには真っ白い顔に赤く塗った大きな口という特徴があります。

 

この顔に恐怖を抱く人がいます。

 

多くの場合は震えや体の硬直などが起きますが、ひどい人だと気絶することもあるそうです。

 

確かに、コミカルな動きをしていても不気味に見えるのでわからなくもないですね。

 

ちなみに、ジョニー・デップさんもこの恐怖症を持っているそうですよ。

 

6、花恐怖症

はな1

お花を見てキレイと思う人が多いと思いますが、この恐怖症を持っている人は花に恐怖を抱いています。

 

理由は、花を全体的に見るのではなく花の一部に注目してしまい、その部分の造形に恐怖を感じてしまうのです。

 

物事の詳細などが気になる神経質な人に多く見られるそうです。

 

5、衣服恐怖症

いふ1

衣服恐怖症はその名のとおり、衣服を着ることや密着した衣服を着ることができません。

服を着ようとしたときに 中にハチなどの毒針を持つ昆虫に刺された経験や 服の締め付けで体調を崩したことがある人などがなるそうです。

 

症状としては、胸が締め付けられ呼吸が苦しくなるなど、ひどくなると裸のままでしか過ごせなくなり、引きこもってしまうそうです。

 

4、ひげ恐怖症

ひげ1

男性の象徴とも言えるヒゲ。

 

このひげをセクシーだと思う人もいれば、恐怖に感じる人もいるのです。

 

この恐怖症は単純にもじゃもじゃのヒゲを見ると恐怖を感じてしまうそうです。

 

3、良い知らせ恐怖症

よい1

「給料が上がった」とか「抽選に当たった」といった良い知らせは、とてもうれしいものですよね。

 

しかし、この良い知らせを恐怖に感じてしまう人も世の中には存在しています。

 

彼らは「良いことが起きたら絶対に次は悪いことが起こる」という超ネガティブな思考をしています。

 

そのため、自ら悪いことをたくさん想像して、さらに恐怖に陥ってしまうのだそうです。

 

2、美人恐怖症

びじ2

これはかつて、女性経験で痛烈な失敗をしてしまった人などに良く発症するそうです。

 

この恐怖症の人は美人女性に対して恐怖や不安、憂鬱を感じるそうで、一緒にいることは困難だそうです。

 

また、自分の容姿に自身がない人も、美人に対して劣等感を感じ、美人恐怖症になることがあるそうです。

 

1、文字恐怖症

もじ1

この症状を持つ人はたくさん並んだ文字に対して恐怖を感じます。

 

本や、長い単語を読もうとするとめまいや息切れが発生してしまうそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です