本当にあった 超怖い心霊写真5選




5、 階段

かい1
これは1966年、聖職者を退職したばかりだった男性が、撮影した写真です。
 
この写真が撮られたのは、イギリスのグリニッジにあるクイーンハウスという場所です。
 
1638年にイングランド王ジェームズ一世が夫人のために建てたお屋敷で、たくさんの王族の生家でもあります。
 
それだけ由緒正しく歴史ある建物ですが、それゆえなのか、多くの心霊現象が起きることでも知られています。
 
この階段の周りでは、人がいないはずなのに足音やドアの閉まる音、子供の声が聞こえたりするそうです。
 
この写真に写っているのは、およそ300年前に、この階段から落とされ、殺されたメイドの霊だと言われています。

 

4、トイザらス

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カリフォルニア州サニーベールという街にある「トイザらス」は幽霊が出るスポットとして有名です。
 
その幽霊というのは、この写真の左奥にいる、壁にもたれかかっている男性の幽霊です。
 
この写真が撮られたとき、周りの人たちはみな、この男性の姿を目撃してはいませんでしたが、写真にはハッキリと映っていたのです。
 
このお店では水道の蛇口を勝手に開いたり、棚の人形が突如飛んでいったりといった超常現象が起きています。
 
それらもすべて、この写真に写って男性の仕業と考えられていて、ジョンという名で呼ばれているそうです。

 

3、 おじいさん

おじ1
この写真は1997年に、このおばあさんの孫娘が撮ったものです。
 
このおばあさんの後ろに立っている男性は彼女の夫だそうです。
 
しかし、写真が撮られる10年以上前の1984年に亡くなっているそうです。
 
この写真が撮られた日は、家族揃ってピクニックに出かけた時だったそうなので、おじいさんも参加したかったのでしょうね。

 

2、 農場の少年

のう1
イギリスのハートフォードシャ―にある農場で、写真家の男性が撮影を行っていました。
 
後日、写真を現像しているとき、彼は驚くべき写真を発見します。
 
その日は、どこにも見当たらなかった少年の姿が写真に写っていたからです。
 
不気味に思った彼は農場のオーナーのもとを訪ね、写真のことは告げずに、「このあたりで異常な現象があったことはないか」と尋ねました。
 
すると、オーナーやその従業員はこれまでに何度か、白い寝巻を着た少年を目撃したと証言したそうです。

 

1、 レインハムホール

レイ1
イギリス・ノーフォークにあるレインハムホールは心霊スポットとして世界的に有名です。
 
この写真は、1936年に撮影されたもので、世界一有名な心霊写真と言われています。
 
この女性は18世紀の初めに、ここに住んでいたドロシー夫人という女性の霊だと言われています。
 
彼女の死因は天然痘とも言われていますが、実は浮気を咎められて殺されたという噂もあります。

 

謎に包まれた死だったために、幽霊となって現れ、真実を伝えようとしているのかもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です