謎が謎を呼ぶミステリアスな写真TOP10




バブーシュカレディ

1963年に起こった
ジョンFケネディ大統領の暗殺の際、
多くの映像と写真に、
ある女性の姿が映り込んでいる。

彼女は、多くの人が混乱している中で、
冷静な様子でいる。

FBIはこの女性の行方を追ったが身元は判明していない。

ちなみにバブーシュカは
ロシア語でおばあさんという意味だ。

ロシアの年配の女性がスカーフを好んで
この女性のように身に着けるため、
このように名づけられた。

ヘスダーレンライト

数年にわたり、ノルウェーの
ヘスダーレンバレーの上では
鮮やかな光が撮影されている。

最後に目撃された際には、
ゆっくりと動き回ったり、
変形したり分裂したり、
あたかも生命体のように振舞ったという。

多くの研究が行われこの現象を解明しようとしているが
科学者たちは、未だこの光の原因を説明できていない。

フック島のシーモンスター

1964年、一組のカップルが奇妙な生き物が
海の中を泳いで向かってきている所を撮影した。

巨大なおたまじゃくしのようにも見えるが、
大きさは約25メートルで、大きな口だったと証言している。

カップルは何枚かの写真を撮影できたが、
その生き物はそれを待って泳ぎ去ったようにも見えたそうだ。

ソルウェイ湾の宇宙人

1964年、男性が娘の写真を撮影したところ
背後に宇宙飛行士のように見える人が映り込んでいた。

彼いわく、そこには娘以外誰もいなかったそうだ。

コダック社がこの写真の検査を行ったが
写真が改ざんされた事実は見つからなかった。

SSウォータータウン号のゴースト

1924年、不慮の海難事故により
2人の船員が命を落とした。

数日後、海上で船を追う2つの顔のように
見えるものが写真に撮られていた。

キャプテンは波の上に顔が浮かび上がったので
撮影をしたのだそうだ。

クーパー家に落ちてきた身体

この写真の情報は非常に少ない。

この写真はクーパー家の人々が
新居に引っ越した日にとった家族写真である
ということしかわかっていない。

写真を現像したところ
天井から人の身体が落ちてきている様子が
写されていたのであった。

アポロ17号が撮影した写真

この写真はアポロ17号が、
最後の月への着陸ミッションを行った際に
月面を撮影した写真だ。

写真は強い光が当たったことが原因で
“白紙”となってしまった。

あとから調整加工した結果、
あるものが写っていた。

それは、ピラミッドのような形をした
建築物だった。

月に何者かによって建てられたのかもしれないが、
真相は謎に包まれたままだ。

飛行機隊の写真

この写真は1919年、
飛行機隊員だったフレディー・ジャクソンの
葬式で撮られたものである。

写真の上部、一人の兵士の後ろに顔が浮かんでいる。

写真を見た隊員たちが口をそろえて、
亡くなったフレディー・ジャクソンが
写っていると言ったそうだ。

タイムトラベラー

これは、1940年11月、カナダにある
サウスフォーク橋洪水後の復興記念式典の
現場で撮られた写真だ。

当時にしては珍しくセーターのようなものに、
パーカーを羽織っていて、
明らかに周りの人とは雰囲気が違う。

さらに、小型のカメラのようなものも持っており、
タイムトラベラーではないかと言われている。

フラットウッズモンスター

1952年に全米をパニックに陥れた怪物。

ウェストヴァージニア州のフラットウッズに
突如として現れた。

この写真は目撃者の証言から描かれており、
この外見で身長は3メートル以上あったそうだ。

信ぴょう性がないと思うかもしれないが、
1人ではなく多くの人が同じ物体を目撃したのだ。

さらに、同時期に多数のUFOも目撃されており、
宇宙人ではないかと全米をパニックに陥れた。

今でも正体は不明だ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です