世界に実在する 謎だらけの秘密結社 TOP5




5、クー・クラックス・クラン(KKK)

K1

 

ドナルド・トランプ氏を
支持したことでも話題になった
この秘密結社。

 

KKKは、北方系の白人のみがアダムの子孫で、
神に選ばれし民(たみ)として、
他の人種から優先され隔離されるべき
という考えだ。

 

この考えに賛同する者たちで組織される。

一時は500万人もの会員を擁していたが、
今では1万人弱と衰退している。

 

白い三角巾と白装束で不気味な儀式を
行う事でも知られており、
題材にした映画や本なども多い。

K4

ちなみに原爆投下の指示を下した
トルーマン米大統領も、
一時的に所属していたことがある。

 

4、オカルト・ハンド

オカ6

 

正式名称は
「オーダー・オブ・ジ・オカルト・ハンド」。

 

メンバーは新聞記者や雑誌編集者などの
物書きに限定されている秘密結社だ。

 

この結社には「それはあたかも見えざる手が…」
という一言を文章の中に出来る限り使用する、
という目的がある。

 

これは1960年代にジョゼフ・フランダース
という新聞記者が、
記事の中で最初に使ったのが
始まりだと言われている。

 

彼の書いた
「それはあたかも見えざる手が降りてきて、
選手たちをチェス盤上の駒として
動かしているようだった」

オカ5

という文章を読んだ友人がこの表現を、
いたく気に入り、このフレーズを少しでも
世間に広めようと目論んだことが結社の始まりである。

 

世界中の記者たちがこの活動に参加し、
約40年もの間、秘密裏にこの活動は続けられた。

 

しかし、2004年に一人のジャーナリストによって
この結社の存在や目的が全て暴かれ、解散。

 

それから2年後、メンバーの一人から
結社の復活が宣言されたが、
今度はどんなフレーズを
忍び込ませているのかはわかっていない。

 

3、フリーメイソン

フリ5

 

17世紀に設立された組織で、
世界中に600万人のメンバーを擁する秘密結社だ。

 

かつてのメンバーの中には
英国首相ウィンストン・チャーチルや
米国大統領ベンジャミン・フランクリンなどといった
歴史に名を残す人物も含まれている。

 

また、少なくとも14人のアメリカ合衆国大統領が
フリーメイソンに所属していたと言われている。

 

表向きには慈善活動を行っていると公表されているが、
内部でどのようなことが行われているのかは
ほとんどわかっていない。

フリ4

特に、フリーメイソンの会議で議論される内容は、
極秘項目となっており、
外部には絶対に漏れないようになっている。

 

フリーメイソンの会員の日本人で有名なのは、
高須クリニックの高須院長や
元衆院議員の鳩山由紀夫氏だ。

 

2、イルミナティ

イル1

 

都市伝説好きなら、
ご存知であろうイルミナティ。

設立されたのは、1776年5月1日。

 

迷信や宗教の持つ影響力、
国家権力の濫用などに対抗していくことが
結社の目的だといわれている。

 

それゆえ、権力者から嫌われる存在となり、
1785年に解散。

 

それにも関わらず、今でもイルミナティを
受け継いだ秘密結社があり、
世界を裏で操っているという噂が絶えない。

イル3

 

この噂には確固たる根拠が無いのだが、
世界を裏で操っている人がいるという
都市伝説にイルミナティは欠かせない存在となっている。

 

1、スカル&ボーンズ

スカ7

 

1832年にイェール大学の
学生3人によって設立された秘密結社。

メンバーは「ボーンズメン」と呼ばれる。

 

アメリカ合衆国大統領を務めた
ブッシュ親子もメンバーである。

 

政治の世界では、歴代のCIA長官は
ボーンズマンであり、
そのほか国防総省や国務省など
多くの米国政府機関にボーンズマンがいる。

 

さらに、金融業界や石油産業などの
大きな産業界の中枢にも多数ボーンズマンはいる。

スカ5

とはいえ、スカル&ボーンズという
秘密結社とそのメンバー自体は秘密ではない。
しかし、具体的にどういう活動を
しているのかについては、
謎に包まれたままだ。

 

世界の名立たる資産家や政治家などが
メンバーにいることから、
世界を操っているのでは?
という噂も多い。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です