日本語だと少し変な意味に 聞こえてしまう人物名7選




7、タイ人殺人犯

たい1

2007年、住吉会系の組長が強盗された上、殺害・遺棄される事件が起きました。

 

容疑者は3人で、そのうちの一人が、タイ国籍の「ピチット・マスター・ジラポン」という人物でした。

 

事件を裁いた裁判官は「人間性が欠落した残忍な犯行」として懲役28年を言い渡しました。全く「ピチッと」していなかったようです。

 

6、アイルランド首相

あい1

1997年から2008年までの長期間アイルランドで首相を務めた人物です。

 

彼の名前は「アハーン首相」です。なんだかセクシーな吐息のような名前ですね。

 

ちなみにフルネームは、パトリック・バーソロミュー・アハーンさんだそうです。

 

5、力士

りき1

かつて北の湖(うみ)部屋に所属していたロシア人力士の「白露山(はくろざん)」。

 

彼の本名はバトラズ・フェーリクソヴィッチ・ボラーゾフと言います。

 

ちなみに彼は大麻使用の陽性反応が出たことから、大相撲を解雇されています。

 

4、KGB議長

けー2

ロシアがまだソビエト連邦だったころのソ連国家保安委員会通称KGBの議長を務めた人物です。

 

彼の名前はワジム・バカーチンです。あの熱血教師ドラマのセリフを思い浮かべてしまう名前ですね。

 

3、アイスホッケー選手

ほっけ1

彼はフィンランド生まれのプロホッケー選手で、NHLでプレーをした経歴を持っています。

 

そんな彼の名前は「ヤリ・クリ」と言います。家計簿をつけるのが得意そうなお名前ですね。

 

2、クスコ王国の皇帝

くす1

1200年頃にケチュア族が作ったクスコ王国の皇帝の名前は「素晴らしき礎」という意味です。

 

その言葉というのは「マンコ・カパック」というものです。

 

彼の作ったクスコ王国は後にインカ帝国となり、繁栄をします。まさに素晴らしき礎となりました。

 

1、ローマ皇帝

ろー1

ローマ帝国の皇帝カルスの次男で、兄と共に皇位を継承した人物の名前が、少しいやらしく聞こえるらしいです。

 

マルクス・アウレリウス・ヌメリウス・ヌメリアヌスというのですが、マインには詳しい理由はわかりません。

 

はて・・・?答えはわからないので、みなさんで考えてみてください。それじゃあ、またねっ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です