世界の強力過ぎる 特殊部隊5選




5、台湾陸軍特殊部隊

台湾陸軍に対テロ特殊部隊・高空特種勤務中隊(こうくうとくしゅきんむちゅうたい)という特殊部隊がいます。

 

 

この軍隊は中華民国陸軍の特殊部隊ですが、1984年の黒社会掃討作戦の時まで公にはされていない部隊でした。

 

この作戦の時にこの部隊の存在が明るみに出たことから1991年、正式に部隊として組織されました。

 

彼らの部隊が使用している異様な防弾マスクがネット上で話題となり、台湾の特殊部隊が怖い、と知られることになりました。

 

ただ見た目が怖いだけでなく、陸海空全ての場所で交戦な上に高い狙撃能力や寒冷地対応などあらゆる作戦に対応できるエリート部隊です。

 

 

4、SSG

SSGはスペシャル・サービス・グループというパキスタン軍の特殊部隊です。

 

この部隊は1950年代にアメリカ陸軍の支援を受けて創立されました。

 

アフガニスタン戦争では、ビンラディンやアルカイーダ掃討作戦に従事したり対麻薬活動をしたりするなど各地で活動しています。

 

パキスタンの山岳地帯での任務を多くこなしているため、山岳地帯における作戦の練度は他の軍を圧倒していると言われています。

 

 

3、JW GROM(ジェイダブリュー・グロム)

ポーランドは人口4000万人弱で、あまり大きな国ではありませんが、ロシアに近いため軍事力強化に予算を多く使っています。

 

その中でもポーランド特別軍の中の「JW GLOM(グロム)」という部隊はエリート部隊として有名です。

 

というのもGROMの兵士になるためには、潜水や狙撃、パラシュートなどの技術を取得しなくてはならない上に

 

看護や救急医療の訓練も受けなくてはなりません。

 

これらのすべての訓練をクリアした者だけが入隊を許されるエリート部隊。

 

それこそがこのJW GROMなのです。

 

 

2、アルファ部隊

アルファ部隊は、犯罪対策を行う治安組織ロシア連邦保安庁管轄の特殊部隊です。

 

アルファ部隊は、隊員全員が将校以上の軍人で構成されているロシア最高峰の特殊部隊と言われています。

 

彼らの主な任務はロシア国内でのテロ対策や輸送手段、人質解放など過激派への対応です。

 

とは言え、過去にはソ連のアフガニスタン侵攻の際に、大統領襲撃の任務を行うなど、多岐にわたる活躍をしています。

 

 

1、NAVY SEALs

ネイビーシールズは、アメリカ海軍の特殊部隊です。SEALは海(SEA)空(AIR)陸(LAND)の頭文字を取っています。

 

その名の通り、海軍でありながらも陸海空のあらゆる任務をこなす特殊部隊です。

 

各国の特殊部隊はこのネイビーシールズを模範にしていると言われる最強の部隊です。

 

ネイビーシールズに入るためには、数学や語学、暗号化能力などの10科目のテストに合格する必要があります。

 

このテストに合格したら晴れて隊員になれるというわけではなく、420日にも及ぶ訓練を乗り切らなくてはなりません。

 

その訓練の内容は基礎訓練から始まり、潜水や空挺降下、ロッククライミングなどの陸上作戦など陸海空全てに及びます。

 

特に、地獄週間と呼ばれる訓練では、5日間で合計4時間しか与えられない状態で過酷な訓練が科されます。

 

これらの厳しい訓練を乗り越えたものだけが世界最強のエリート特殊部隊、ネイビーシールズの隊員になれるのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です