地球上に存在する巨大すぎる動物5選!



Pocket

ダイオウイカ

ダイオウイカはイカの中で最も大きいとされている。

 

 

いくつかの見本でその大きさは知られていたが、最近で最も大きなサイズとされているものは、12から14メートルだ。

 

調査によると、無脊椎動物の中では最大だとされている。

 

生物界で最大と言われる直径30センチメートルにもなる巨大な目を持っており、これによりごくわずかの光をもとらえ、深海の暗闇においても視力を発揮できる。

 

 

巨大な蛇

コロンビアで発見された化石はとてつもなく大きな蛇が生きていた事を証明した。

 

その化石から、最大級の蛇は13メートルの長さに、重さが1250キロもあったことがわかった。

 

 

この大蛇は、60億年前に亜熱帯の川を泳ぎ、太古に存在したワニの祖先を餌としていたと考えられている。

 

これだけの大蛇に巻きつかれた獲物は窒息し、いとも簡単に潰されて死んでしまっていたことだろう。

 

 

メガロドン

古代に存在したと言われる巨大サメ、メガロドンは約1,800万年前から約150万年前に存在していたと考えられている。

 

このサメは16メートルほどの大きさで、体重は70トンほどあったと言われている。

 

 

これは現存する最大のサメであるジンベエザメの11メートルを優に超える大きさだ。

 

日本国内でも、メガロドンの歯の化石は多く見つかっており、昔は天狗の爪と信じられていた。

 

 

巨大な恐竜

アンフィコエリアス・フラギリムスは草食性恐竜で、発見されている恐竜の中で最も巨大である。

 

化石の骨からフラギミリスは40から60メートルの大きさで、150トンの体重があったと考えられている。

 

 

この恐竜が実在すれば、間違いなく最大の恐竜なのだが、これまでに見つかった骨格標本が紛失している。

 

そのため、確実に実在したとは言えない恐竜なのだ。

 

 

最大の哺乳類

シロナガスクジラはヒゲクジラの中で最も大きな海洋哺乳類である。

 

長さは30メートルあり、体重は190トンで、現在地球に存在する動物の中で最も巨大で重い動物だ。

 

他のヒゲクジラ同様、小さな甲殻類やオキアミなどを主食とする。

 

1日4トンものオキアミなどを捕食する。それだけの量を摂らないと、この体を維持するのは難しいだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です