ご出来れば嗅ぎたくない! 世界の悪臭トップ7



Pocket

人間には五感があります。視覚、聴覚、触覚、味覚、そして嗅覚です。

 

人間の鼻は少なくとも1兆種類のにおいを嗅ぎ分けられると言われています。

 

においは目に見えず、はっきりとした実態の無いものですが、人間の情緒や行動に大きく影響を与えます。

 

良い香りに包まれていると素晴らしい経験を忘れずに、幸せな人生を送れるチャンスが増えることも、研究で分かってきました。

 

ところが、日常生活において常に良い匂いばかりではなく、酷い臭いと遭遇することもあります。

 

今回は世界最悪と言われている悪臭7つをご紹介します。

 

みなさんごきげんよう、メイです。雨の降る前の「匂い」ってありますよね。これわかる人いますか?

 

もしよかったらコメント欄で教えてくださいね。それでは、第7位から!

 

 

第7位 ゾリラ

スカンクに似ているゾリラはイタチの仲間で、長くふさふさした尾に、美しい白黒の縞模様が特徴的です。

 

可愛らしい姿とは裏腹に、ゾリラは防衛反応で、肛門の腺から毒を含んだ嫌な臭いのする液体を相手の目にめがけて噴射します。

 

その臭いは視力を麻痺させて、近くにゾリラが居なくても鼻に突き刺すくらいの強烈な異臭なのだそうです。

 

この異臭のお陰で、ゾリラを襲う動物は少ないと言われています。

 

第6位 硫化水素

硫化水素と言われてもわかりづらいですね。腐った卵の臭いと言えばわかりやすいかもしれません。

 

硫黄を含むたんぱく質が腐敗した時に生じる臭いで、火山ガスや鉱泉中に含まれています。

 

また下水や沼ではバクテリアが酸素のない環境で有機物を分解しているため、この臭いが発生していることが多いです。

 

不快な臭気だけでなく、このガスは腐食性があり引火、爆発しやすく有害なので、この臭いがしたらすぐに避難しましょう。

 

第5位 シール島の悪臭

南アフリカにあるシール島は、長さ150m程の小さな島で、7万島ものオットセイが暮らしています。

 

オットセイが捕まえて来て、食べ残した魚の残骸が腐り悪臭を放っています。

 

また、たくさんのオットセイの糞のせいで、吐き気を催す程のとてつもない悪臭を放つ島となっているそうです。

 

見た目はかわいいオットセイさんたちですが、臭いのはちょっと・・・ね。

 

第4位 ショクダイオオコンニャク

インドネシアのスマトラにのみ自生し、ギネスブックに認定される程の大きさ、約2.4mもある世界最大の植物です。

 

通称「死体花」とも言われており、腐敗が進む死骸と同じ様な臭いを放ち、その腐肉を好む虫を惹きつけて、受粉を媒介してもらいます。

 

人によっては腐りかけの肉、汚れたオムツ、発酵した野菜のような臭いだそうです。

 

しかし、ショクダイオオコンニャクは8年から10年に一度しか花を咲かせず、

 

また開花も24時間から48時間と短いため、この花を見るために行列が出来ることも珍しくありません。

 

ですから、なかなか嗅ぐことのできないレアな悪臭とも言えます。

 

第3位 ドリアン

マレーシア原産のドリアンはフルーツの王様と呼ばれる一方で、「悪魔のフルーツ」「熱帯果実の魔王」などと呼ばれているのは御存知でしょうか。

 

東南アジアでは一般的な果物ですが、外国人からすると排泄物、腐った玉ねぎと似ている臭いと表現されています。

 

ドリアンの放つ臭いには、玉ねぎに似た臭いのエタンチオール、腐ったキャベツの臭いのメタンチオールなど、およそ44もの悪臭成分が含まれています。

 

しかし舌触りはクリームチーズの様で、東南アジアでは非常に人気の果物です。

 

ドライドリアンなども販売されているので機会があれば一度食べてみては如何でしょうか。

 

第2位 ファットバーグ

ロンドンとイングランド南東部に張り巡らされた総全長約6万9000㎞の下水管で、2003年に1台のバス程の高さに積み上がった汚物が発見されました。

 

氷山の「アイスバーグ」になぞらえて、巨大な廃油の塊ということで「ファットバーグ」と呼ばれています。

 

ファットバーグは食用廃油や人間の排泄物、オムツや凝固脂、その他様々の汚い物が長期間に渡って固まったものです。

 

その重さはなんと1万5000トンもの量だと言われています。

 

表現する言葉もない程の酷い臭いを放っているそうです。

 

第1位 腐敗した人肉

一度嗅いだら忘れられない臭い、今までに一度も嗅いだことがない、喩えようのない臭いだと言われています。

 

腐りつつある人間の腐乱死体は、酵素やバクテリアなど様々なものが分解されるために強烈な臭いを放ちます。

 

密室にしていても臭いが漏れる程と言われているので、どれだけ強烈かうかがい知れますね。

 

いかがでしたか?臭いと言われると、つい臭いを嗅いでしまいたくなる人もいるかもしれません。

 

臭いと感じる基準は人によっては異なるので、今まで経験したことのない臭いを嗅いでみても面白いかもしれませんね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です