世界で行われているコカ・コーラの実用的な使い方TOP10




世界でもっとも人気のある
飲料ブランドのひとつであるコカ・コーラ。

実はコカ・コーラには酸、洗剤や殺虫剤で
よく使用される類の化学物質が含まれる。

実はそれらの成分は、
幅広い使用法があるのだ。

今回はそれらの方法をご紹介しよう。

殺虫剤

信じるかどうかは別として、
殺虫剤としてコーラが使用されるということがある。

コーラに含まれるアステルパーム
という人工甘味料は神経毒で、
これが害虫駆除に効果があるためだ。

インドのある農家の間では、
疫病に対処する方法として
より標準的に使われるようになってきている。

なぜなら、費用が安く抑えられ強力な効果を持つからだ。

しかし、この方法がコーラのマーケティングに
使用されることはないだろう。

ガムはがし

なんとコーラは、髪についたガムを
はがすのに有効であることがわかっている。

ガムが絡みついた髪をコーラの入ったカップに入れ、
2,3分待つだけ。

そうすると、ガムが驚くほど簡単にとれる。

なぜ、そのようなことが起こるかというと
飲料に入っている酸が髪のケラチン成分を破壊する。

それと同時にガムを固くかためる働きをするためだ。

ヘアカラーをくすませる

普段の理想的な色より少し暗めのカラーの髪にしたい
ということはあるかと思う。

そんな時、コーラはあなたのヘアカラーを
くすませる実用的な化学用品としての役割を果たしてくれる。

コーラに含まれる酸が染料を分解して
色をくすませてくれるからだ。

頭にコーラを被るのは少し勇気がいるが、
ヘアカラーを何度もするよりはいいのかもしれない。

かゆみ止め

最初はヒリヒリするかもしれないが、
コーラは効力のあるかゆみ止めとしても有効だ。

ひどい虫刺されや蜂刺されの際に、
傷口にスプレーするとより早く回復するだろう。

傷口にコーラを塗る姿をみた友達は、
あなたを変わった奴だという目で見るかもしれない。

しかし、現実として安価で手っ取り早く手に入るものなので、
とても良い方法であると言えるのではないだろうか。

お皿洗い

シロップのように甘いコーラが
掃除に効き目があるなんて誰も思わないだろう。

しかし、実はコーラには、
こびりついた汚れを落とす働きを持つ
化学物質が含まれているのだ。

方法は簡単だ。

こべりついた汚れに「シューシュー」
と音を立てて泡立っているコーラを注ぐだけで良い。

劇的に清潔にするわけではないが、
汚れの分解を助けほとんどの汚れを落としてくれる。

クラゲによる、さし傷の痛みを緩和

致死的な症状ではないが、
クラゲに刺された痛みは非常に不快で不安になるものだ。

もし近くにコーラがあれば、
飲んでしまう代わりに、さし傷にかけてみるとよい。

コーラが毒の成分を無効にするため、
クラゲのさし傷の痛みを和らげてくれるのだ。

髪の毛をカール

コーラにはあらゆる成分が含まれているが、
味にキレを出すために入っているリン酸というものがある。

この成分は人の髪のキューティクルを収縮させ、
髪の毛に自然なカールをつけてくれる。

これは、お金のかからない髪のカール術として
覚えておく価値があるだろう。

服に付いたガソリンの匂い消し

ガソリンスタンドで服にガソリンがついたことがある人、
また石油製品に関する仕事をしている人は、
服についたガソリンの嫌な匂いを取り除くのが
どんなに難しいかを知っているだろう。

通常の洗濯機での洗濯では、
匂いをとることすら全くできない。

そんなときに、コーラがうってつけだ。

単純に洗濯機へコーラを注ぎ、
服を洗うだけという簡単で安価な方法であるが
効果はてきめんだ。

コイン洗浄

グラスに注いだコーラに硬貨を浸すことを
思いついたのが誰かは定かではない。

錆びてしまった古いコインをコーラに
浸けておくとピカピカになる。

コーラ飲料内に含まれる酸性の化合物によって、
たいていの酸化してしまったコインは輝きを取り戻す。

やり方はとても簡単だ。

コインをコーラに2、3分ほど浸しきれいな水ですすぐだけ。

汚れがひどければ長く浸しておこう。

トイレの便器掃除

トイレ用洗剤にはこのような注意書きがある。

「混ぜるな危険」

この表示を見て、使うときに心配なった人も多いだろう。

しかし、もしコーラがトイレ洗剤になるとしたら、
そんな心配はいらなくなる。

事実、効果があるのだ。

やり方はただ汚物のついた便器の中にコーラをそそぎ、
水を流す前に1時間ほど待つだけ。

最後に水を流し軽くこすれば終わりだ。

ユーチューブビデオにも
数えきれないくらいの紹介がされているので、
気になる人は見てみるとよいだろう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です