親の対応が影響している子供の性格&態度8選



Pocket

人見知り

子供が人見知りをして、他人を信用していない様子がみられる場合、

親が極端に短気だという事が原因になっているかもしれません。

人の顔色を伺って行動する癖がついてしまい、他人に本音を打ち明けられなくなってしまっているのです。

 

 

怒りっぽい

逆に、子供が怒りっぽく短気だという場合は、親が構ってあげられていないことを示しています。

怒ることで、自分に注意を向けてもらうという方法しかわからないのです。

もっと会話をして、他の方法も教えてあげてください。

 

 

嫉妬

子供が他の子供をうらやましがったり、嫉妬をする原因は比較されるということです。

親が自分の子供と他の子を比べすぎていることが影響しています。

 

 

恥ずかしがり屋

恥ずかしがり屋だったり、優柔不断といった態度は子供にはよく見られる傾向です。

しかし、それは自立の妨げになっています。

親が子供の出来ることまで何でもやってあげてしまうから、甘えてしまっているのです。

子供でもできることは、なるべく子供にやらさせてあげましょう。

 

 

他人を気遣えない

もし、子供が他人を尊重できず自分のことしか考えないような素振りがあるとすれば、

それは親が子供の気持ちを聞かずに命令ばかりしているからかもしれません。

 

 

嘘つき

子供は小さい嘘をつくものですが、それがあまりにも頻繁というのは考え物です。

もしかすると何か失敗した時に親にこっぴどく怒られたことが原因かもしれません。

子供はまた怒られないようにと、嘘をついてしまっているのです。

 

 

他人のおもちゃを欲しがる

おもちゃは買ってあげているのに、他の子と遊んでいると他の子のおもちゃを欲しがるということはありますよね。

もしかすると、それは子供に選ばせていないということが原因かもしれません。

何が欲しいのか、考えさせ選ばせるということをしてみましょう。

 

 

すぐ諦める

子供が困難な状況や初めてのことに立ち向かえずにすぐに諦めてしまうというのは自分に自信がないからです。

もしかすると、人前でひどく怒られたことが原因になっている可能性があります。

人前で怒られると、怒られたということよりも恥ずかしい思いをしたという気持ちが強く残ります。

 

 

すると自分に自信が持てなくなり、諦めやすくなってしまうのです。

外出先などでは、子供のしつけをしていることをアピールするためか、人前で怒る親もいます。

しかし、そういったときでも人目につかないところで叱ってあげるほうがよいでしょう。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です