メキシコドラッグ戦争の 衝撃的すぎる事件5選




Pocket

・デュランゴ大量虐殺

メキシコ北西に位置するデュランゴ市で2011年、麻薬カルテルによる抗争が発生しました。

 

その年だけでも340人の遺体が発見され、町中に遺体が散乱する事態となります。

 

市内の車の修理工場の近くでは89もの遺体が発見された。この付近での戦闘の惨状を物語っています。

 

この暴動には「世界一危険な麻薬カルテル」と言われているロス・セタスが関与していますが、詳細は闇に葬られてしまいました。

 

・2011年モントレイカジノ襲撃事件

 

これは2011年8月、ヌエボリオンにあるロイヤルカジノでの出来事です。

 

カジノの入り口に、麻薬カルテルのメンバーらが乗車した4台の車が停車し、自動小銃を乱射。

 

さらに、ビルの前に何リットルものガソリンをまき散らし放火しました。

 

この火災により中に居た人々はパニックになり、結果、52人もの一般市民の死者がでる事態となりました。

 

事件の原因は、このカジノのオーナーが、ロス・セタスへのみかじめ料の支払いを拒否したことでした。

 

ロス・セタスを軽くみたらこうなるという見せしめとして、この事件を起こしたそうです。

 

・ヌエボ・ラレド大量虐殺

2012年4月、メキシコのヌエボ・ラレド市でロス・セタスのメンバーとみられる14人のバラバラ遺体が、放置車両の中から発見されました。

 

この事件を起こしたのはロス・セタスと敵対するシナロア・カルテルというドラッグ組織だと言われています。

 

ここまで残忍な手口を使用したのは、ロス・セタス以外のライバル組織を脅す見せしめの意味もあったそうです。

 

この14人の死体発見から数週間後、さらに23人の遺体が発見されました。

 

そのうち9人の遺体は、首に縄を掛けられ、橋の上から吊るされていました。この光景はヌエボ・ラレドの市民を震え上がらせました。

 

その他14人の遺体は、首が切られ、保冷ボックスに詰められた状態で発見されたそうです。

 

・ヒューゴ・ヘルナンデス殺人事件

 

2010年、ソノラ市で26歳のヒューゴ・ヘルナンデスという青年が誘拐されました。

 

一週間後、彼は北部のロス・モチスという町で遺体となって発見されます。

 

彼の体は7つにバラバラにされており、彼の胴体部分、腕、足、頭部などの部分は、それぞれ箱に入れられて発見されました。

 

恐ろしいことに彼の顔面の皮膚ははがされ、頭部はサッカーボールのように縫われていました。

 

この事件はフアレスという麻薬カルテルが行ったとされていますが、その犯行動機は不明です。

 

・ヘスース・アーネスト・チャベス・カスティロ

この男はヒットマンで、バリオ・アステカという麻薬カルテルの為に800人以上を殺害しました。

 

彼はもっと殺害していると言っていますが、その人数が多すぎるため本人や警察も把握しきれていないのが実情です。

 

彼はボスに好印象を与えるために、殺した人々の首を切ったり、解体をしたと証言しています。

 

麻薬カルテルには、このようなヒットマンが多く存在しており、殺人が常習的になっています。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です