ウラジミール・プーチンの知られざる真実7選



Pocket

プーチンの父親

 

ウラジミール・プーチンの父親は労働者階級出身でプーチンを愛していたが、物を買い与えることはしなかった。

 

そのため、プーチンはあまり自分の所有物を持たずに成長した。

 

また、厳しく頑固な父親であったために、プーチンはよく父親に叱られていたという。

 

今の姿からは想像もできない。

 

 

兄が2人いた

 

プーチンは一人っ子として育てられたが、実は彼が誕生する前に兄が二人いた。

 

長男は幼いころに病死。

 

次男は1941年に始まったレニングラード包囲戦の際、感染症に罹り死亡した。

 

レニングラード包囲戦真っただ中にいたプーチンの母親は、なんとか生き残り、三男のプーチンを産んだのであった。

 

 

語学力

 

プーチン氏は旧ソ連時代の情報機関KGBの将校を務めていた際、東ドイツのドレスデンに駐屯していた。

 

そのため、ドイツ語が堪能であり、発音やアクセントもネイティブとまったく遜色がないレベルだ。

 

また、万博の会議の際には、流ちょうな英語でのスピーチを披露し、英語も堪能であることを知らしめた。

 

 

スポーツ大好き

 

プーチンは柔道家である。国際柔道連盟の名誉会長で、段位は8段というかなりの腕前。

 

さらに、ロシアの軍隊格闘技のサンボにもたけており、彼の戦闘力は世界の首脳たちの中で1番と言っても過言ではない。

 

さらに、ロシアの国技とも言える人気競技アイスホッケーもプレイできる。

 

 

ビートルズのファン

 

信じるかどうかは分からないが、ウラジミール・プーチンはビートルズのファンである。

 

ビートルズのメンバーの中で、特にポールマッカートニーのファンだそうだ。

 

ちなみにビートルズで一番好きな曲は、「イエスタデイ」とのことだ。

 

 

動物大好き

 

ウラジミール・プーチンは動物が大好きで、特に犬が大好きである。

 

これまでに、多くの動物たちと触れ合う様子がメディアによって撮影されている。

 

そのため、各国の首脳から犬を送られている。日本の安倍首相からは秋田犬が送られた。

 

 

歩き方

 

ウラジミール・プーチンの歩き方は独特だ。右手はほとんど動かさない。

 

これには理由があると言われている。その理由は、すぐに胸元の銃を取り出せるようにするためだ。

 

これはKGB時代に訓練された癖が未だに残っているため、このような歩き方になっている。

 

今も胸元に武器を携えているのかは、定かではない。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です