あなたもやってみたくなる 世界の楽しすぎる職業



Pocket

毎日仕事がつまらない?そんなあなたに世界には夢のような職業があることを教えよう。

 

信じるかどうかは分からないが、今回紹介する夢のような職業で人々はお金を稼いでいる。

 

リゾート島の管理人

 

“世界で一番素晴らしい仕事”と言われている仕事。この仕事には200か国から3万5千人の応募者が集まった。

 

2009年、グレートバリアリーフのクイーンズアイランド・ガーナードの観光事業が世界中の注目を浴びた。

 

息も止まるほど素晴らしいこの土地で、6か月間“管理人”をするという仕事の応募がはじまった。

 

この大人気の仕事は高額な月収と何億もするロッジに無料で滞在でき、そのうえ交通費も無料だ。

 

この仕事を獲得したのはイギリス人のベン・サウスホールさんだったが、最後の週にクラゲにさされた。

 

 

プロの添い寝屋

 

プロフェッショナルの添い寝屋のコンセプトは人々のストレスを解消しリラックスさせる事で、日本で始まり、すぐにアメリカにも登場した。

 

しかし人々は適切な行為ではないし、売春に繋がるのではないと疑いをもっている。

 

これに対し運営側は、性的ではない人とのふれあいは、セラピー的効果があると主張しています。

 

この仕事をしている人は、一日中人の横で添い寝をするだけでお金を稼げるなんてすばらしいと言っている。

 

ショコラティエ

 

映画「チャーリーとチョコレート工場」のように、ゴールデンチケットが当たったら、と考えた人は多いだろう。

 

でも本当にチョコレートが好きなら、工場主のウィリーワンカになりたいと思わないだろうか?

 

チョコレートでクリエイティブなアイデアを使える仕事であるショコラティエが、まさにその仕事だ。

 

もしあまりうまくできなくても大丈夫。チョコレートを口に入れてまた最初から始めればいいのだから。

 

不発物技師

 

“不発物技師”なんて難しい言い方をするのはやめよう。簡単に言えば“爆発させる”仕事だ。

 

危険な不発物を処理するのがこの仕事の任務なので専門家でなければできない。

 

不発物は安全で広々としたスペースで処理するなど安全への配慮は怠らないが、それでも危険なのは言うまでもない。

 

なぜ、夢の職業かというと、アドレナリンがみなぎるスリルのあるこの仕事の平均年収は1500万円だからだ。

 

声優

 

映画のスターと同様、声優もアニメなどのキャラクターに息を吹き込むことで素晴らしいキャラクターが誕生する。

 

声優は顔が知られにくいのでプライバシーの侵害を受ける事も少ない。

 

またカメラが合わっている訳ではないので、声優たちはメーキャップや衣装やドレスコードの必要もない。

 

しかし、それでも有名になることができる夢のような職業なのだ。

 

 

ウォータースライダー試験人

 

イギリスのある企業の仕事にウォータースライダーの試験人という仕事がある。

 

20か所にあるスプラッシュワールドリゾートのクオリティーを確かめます。

 

宝くじで2人が選ばれ、当選者には、6か月間、月々260万円の給料が支払われる。

 

それだけではない。更に一週間の無料バケーションに旅行費用までも支払われる。

 

ネットフリックスタガー

 

ネットフリックスのタガーの仕事は基本的にソファーに座って一日中テレビを見る事だ。

 

彼らの任務は放送されているコンテンツを審査し、「あなたへのおすすめ」に出すためのタグ付けをする仕事だ。

 

この仕事をしているのは世界中に50人以下で、この仕事を獲得するのは非常に難しい。

 

映画の大学を出ていたり、ディレクター、脚本家、映画監督をしたことがある人が採用されているという。

 

ガムの味見人

ガムの研究者はたくさんガムを噛む。ガムを作る会社は厳しいリサーチと味見なしで、新商品を発売する事はない。

 

ということは、新しい味のガムをテストする人が必要なわけなのだ。

 

バブリシャスなどガムで有名な会社では、この役職に就く人を何百人もの募集から選出し、

 

6か月ものトレーニングを行い、テクノロジーと測定の能力をつけさせます。

 

ガイドブック作家

 

私たちが国内、海外問わず旅行先を決める時に重宝する「旅行ガイドブック」。

 

これらのガイドブック作家は世界中の観光地を訪れ、ホテルやレストランに訪れ記事にする。

 

あなたは何十万円も支払ってバケーションに行くが、

彼らはそんな素敵な経験をして、お金をもらえるのだ。

 

眠り屋

 

働いている人は、たいてい目覚まし時計の大きな音で無理やり起こされ、会社に行く毎日を過ごす。

 

でも、仕事場に行ってから眠れる仕事があるなんて信じられるだろうか?

 

それが眠り屋だ。眠り屋は様々な目的で雇われる。科学的なリサーチやホテルのベッドの寝心地をテストする。

 

ただ寝てればいいというわけでもないが、職場でパジャマを着て寝る仕事があるなんて羨ましい限りだ。

 

この“眠り屋”という職業こそ本当の“ドリームジョブ”だと言えるだろう。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です