世界の速いものTOP10



Pocket

あたりを見回してみると私たちはスピードに取りつかれているようだ。

 

車はより速くなり、アスリートも速くなり、コンピューターやインターネットも速くなっている。

 

私たちは“一番速い”ことに夢中で、すべてに速さを求めている。交通機関からエンターテイメント、軍事兵器類にいたるまで。

 

今回紹介するのは、世界中のあらゆるジャンルの最速のものだ。

 

最速の電車

 

電車は貨物と人々を運ぶために何百年も存在している。この古くからある輸送機関は常に新しいテクノロジーで向上しつづけている。

 

現在、一番速い電車は日本に存在する。まだテスト中ではあるが、日本のリニアモーターカーは磁石によって車輪と線路間の摩擦を軽減させることで時速600キロを出すことを可能にした。

 

このリニアモーターカーが実用化されると、品川から名古屋まで40分で行けるようになる。2027年が開業目標だそうだ。

 

最速のエレベーター

 

私たちはエレベーターが他と比べて速いかどうかなどとはあまり考えない。しかしビルのデザイナーは自身のデザインの構築に最も早くて素晴らしい物を使いたいと考えるそうだ。

 

中国の最新で最も高いビルである上海タワーはこの11月にオープンするのだが、このビルには世界一速いエレベーターが設置される。

 

三菱電機のデザイナーがアルミニウムとカーボンファイバーを使用し、未来的なエレベーターを完成させた。

 

このエレベーターは時速65KMを超える速さで119階まで、わずか55秒間で119階まで到達できるのだ。

 

最速の車

 

ちょっと車に詳しい人なら、時速435キロを出すヘネシー・ヴェノムGTが世界一速い車だと考えているだろう。

 

これは、ある種正解だ。なぜなら市販されている車の中ではその通りだからだ。

 

しかし世の中に存在する車の中というと「スラスト・SSC」に勝るものはない。

 

1997年この車は時速1227キロという、ぶっ飛んだ記録を残した。それはマッハ1.02であり、音速より速いということになる。

 

スラスト・SSCはジェットエンジンを2つ分搭載しており、その燃費はなんと「リッター18メートル」だそうだ。

 

最速の飛行機

 

現在、航空機はマッハ2を超えたり音速の2倍の速度で飛ぶというのは至って普通なことだ。

 

またアメリカとロシアは、さらに上を行くマッハ3で飛ぶ「SR71ブラックバード」と「MIG25フォックスバット」という飛行機を開発した。

 

しかし、最速の飛行機、X15の速さに近づけるものはないだろう。このアメリカ製の極超音速の航空機は人を乗せたミサイルのようなもので、1960年代に多くの高度・最速記録を更新した飛行機だ。

 

1967年にX15はマッハ6.72、時速7272キロというとんでもない記録を出している。

 

地球上で最も速い魚

 

魚が速く泳げるというのは知っているが、実際どのくらいの速さなのかというのは理解していない人が多いだろう。

 

バショウカジキは海の世界ではF1レーサー級の速さで、長くてとがったくちばしと大きな背びれが特徴の魚だ。

 

この魚は時速約110キロで進む。高速道路の制限速度よりも速く泳げるというのだから驚きだ。

 

世界最速の人間

 

大抵は人間の速さは100メートルで競われる。人間の出す記録は年々速くなり、秒数はより短くなっている。

 

現在、男性と女性で最速記録を保持しているのはジャマイカ人のウサイン・ボルトとアメリカ人のフローレンス・グリフィス・ジョイナーである。

 

ボルトは2009年に100メートルを9.58秒で走り、ジョイナーは1998年、10.48秒という記録を出した。

 

ちなみにボルトのスピードは最速時に時速48キロ出している事になる。

 

最速の動物

 

陸上の動物界ではチーター時速120キロと、最も速いが、空の世界も入れたらハヤブサに勝るものはいない。

 

 

この鳥は時速390キロを出すことができ、その強力な目で獲物を見つける。

 

時速390キロで飛び、獲物をたたきつけた後に周回して戻り、その獲物が地面に落ちる前に捕らえる事が出来るほどの速さが出せるのだ。

 

最速のボート

 

ボートレースを見たことがある人は知っていると思うがボートはかなりの速さを出すことが出来る。

 

その速さゆえにボートはバランスを崩しやすく、劇的なクラッシュを起こしやすいことも事実だ。

 

世界で一番速いボートはケン・ワービーのスピリッツオブオーストラリアというボートだ。

 

1978年、ケンはこのジェットエンジンのついたボートにのり、最高時速510キロの記録を打ち出した。

 

それから多くの人がこの記録を破ろうとチャレンジしているが40年間この記録は破られていない。

 

最速のジェットコースター

 

ジェットコースターにはサイズなどの限りがあるが高さやスピードには制限がない。

 

最速記録を保持しているジェットコースターはアブダビの「フェラーリワ―ルド」に存在している。

 

ここは、あのフェラーリのアミューズメントパークで、そこでは“速さ”が体験できる。

 

ここにはフォーミュラ・ロッサというジェットコースターがあり、現在世界最速のジェットコースターの記録を保持している。

 

フォーミュラ・ロッサに搭乗した人は時速240キロを体験できる。それは日本最速のジェットコースター「ドドンパ」より時速68キロも速いのだ。

 

最速の潜水艦

 

潜水艦が登場した当初、ゆっくりと進むことを前提にした乗り物として作られた。そのため時速32キロより速く進むものはなかった。

 

冷戦時代に突入し、水中での潜水艦のスピードが要求されるようになり、潜水艦の出せる速度はどんどん上がっていった。

 

1960年、ソビエト連邦が作った705型潜水艦という潜水艦は、新しいテクノロジーでデザインされ2つの核反応によって進む。いわゆる原子力潜水艦だ。

 

705型潜水艦は非常に速く進み、1972年には時速82キロを記録している。公式にこの記録は破った潜水艦はいない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です