生放送中に起きた放送事故5選




Pocket

5、マドンナのVMA事件

ポップスの女王とも言われ、60歳に差し掛かりそうな現在でも美しいままのマドンナさん。

2003年、彼女がMTVの生中継番組「ビデオミュージックアワード」に出演した際、世間を大いに騒がせました。

マドンナさんのステージの途中で、ブリトニー・スピアーズさん、クリスティーナ・アギレラさんが舞台に登場したのですが、

このパフォーマンスの最中、マドンナさんはアギレラさんとブリトニーさんと濃厚なキスをして視聴者を驚かせました。

テレビ放送もされていたので、多くの人が驚いたと思いますが、最も驚いたのは観客席にいたジャスティン・ティンバーレイクさんでしょう。

彼は、ブリトニーさんの元カレだったからです。なんとも言えない表情をされていますね。

 

4、頭突き

サッカーファンではなくても、2006年FIFAワールドカップ決勝戦で起きた事件はご存じでしょう。

フランス対イタリア戦。1対1の引き分けで延長戦にもつれ込んだ際、事件は起きました。

フランス代表のキャプテン、ジダン選手が突然イタリアのディフェンダー、マルコ・マテラッツィ選手の胸に頭突きを食らわせたのです。

マテラッツィ選手は地面に倒れ、ジダン選手はレッドカードを受け退場処分となりました。

原因はマテラッツィ選手がジダン選手に「お前の姉貴より娼婦のほうがましだ。」と言ったことでした。

この事件をきっかけに両者は険悪になりますが、現在では和解しているそうです。

 

3、リー・ハーヴェイ・オズワルド

未だに陰謀説などが囁かれている、ジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件。

この事件の容疑者、リー・ハーヴェイ・オズワルドも皮肉なことにカメラの前で殺されています。

大統領が暗殺されて2日後、オズワルドが警察署から州の刑務所に送還されるところが生放送されました。

世間の注目はこの事件に集まっていました。

そこへ、ジャック・ルビーという男が群衆のなかから飛び出してきてオズワルドを銃撃しました。

このショッキングな映像は、生放送で全米に放送されていたため、多くの視聴者がその瞬間を目撃しました。

オズワルドはすぐに病院に運ばれましたが、翌日にこの世を去りました。

オズワルドを襲ったジャック・ルビーは死刑判決を受け、獄中で肺がんを患い、死亡。

奇しくも、ケネディ大統領、オズワルド、ジャック・ルビーの3人はパークランド病院で亡くなったそうです。

 

2、オリンピック選手のキス

オリンピックは世界最高峰の舞台で、世界各国の選手たちが私たちを次々と驚かせてくれます。

現在では全世界でテレビ放送されており、多くの名場面も生まれています。

2008年北京オリンピックでは、違う意味で驚きの瞬間が放送されたことが話題になりました。

そのシーンはロシアの女子体操選手・キセニア・セミョーノワ選手が競技を終えたあとに起きました。

競技を終えたキセニア選手が女性とキスをする瞬間が放送されたのです。

これは、ヨーロッパの習慣なので、ヨーロッパの人には普通の感覚のようですが、私達からすれば驚きの瞬間です。

 

1、ブランチ ダビディアン事件

1993年テキサス州ウェーコにあった「ブランチ・ダビディアン」という新興宗教集団に銃火器所持の容疑がかかりました。

そこで、武器などを取り締まる機関であるATFが、この教団本部に突入しました。

突入から数分後、激しい銃撃戦が始まります。これにより10名が亡くなる大惨事となってしまいます。

その後、信者たちは建物内に立てこもってしまい、FBIが交渉を行いましたが決裂したため武力行使がされることになりました。

この時の様子が生放送で放映されたのですが、それはすさまじいものでした。戦車が建物に穴をあけ、火事が起こり、建物全体が火に包まれるという戦場さながらの様子でした。

最終的に76名のブランチ・ダビディアンのメンバーが死亡し、事件は収束しました。

このような事件が起こることも驚きですが、テレビで放送されてしまうという事も、びっくりですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です