正解率1%!?の 超難問脱出クイズ3選



Pocket

みなさんこんにちは マインです!

今日はクイズを出題しますよー!

それでは早速いってみよ!

 

3、死のドア

 

目が覚めたらあなたはドアが二つだけついた不思議な部屋にいました。そのドア以外に出入り口はありません。

 

ひとつ目のドアの向こうでは、お腹を空かせたライオンが待ち構えています。

 

もう一つのドアの向こうは長いガラスのトンネルになっています。

 

ただし、そのガラスは太陽の熱を集めるように作られているのでとても熱くなっています。

 

説明しよう!太陽の光がガラスや水晶などによって集められると火災を起こすほどの熱が発生するのだ。これを収れん火災と言うんだぞ!

 

ガラスのトンネルの先がどうなっているかもわかりませんが、もしここを通れば大やけどをして死んでしまうでしょう。

 

この2つのドアしか選択肢がない状況であなたは生きて脱出しなければなりません。どうやって脱出しますか?

 

シンキングタイム!

 

こたえ

 

ライオンに気づかれずに通るということや、戦うという答えは・・・

 

ちょっと考え方を変えれば答えは簡単です。

 

太陽が沈んでガラスの熱が冷めるのを待ってからトンネルを通って脱出すれば良いのです。

 

2、殺人鬼に囲まれた

さて、夜の闇の中 ガラスのトンネルを抜けて脱出したあなたは、今度は別の部屋に着きました。

 

しかし真っ暗で何も見えません。灯りをつけようとしても、そもそも電気が通っていないようです。

 

真っ暗な部屋の中を手探りで這っていると、ろうそくを見つけたので、それを灯しました。

 

すると、部屋には出口があったのですがその前に4人の不気味な風貌の男たちが座っていました。

 

どうやら彼らは頭の良いサイコパスの殺人鬼のようで、そのまま通り抜けようとすれば、あっさりと殺されてしまいそうです。

 

すると、彼らはここを脱出するためのゲームを持ち掛けてきました。

 

まず、この中の4人が部屋を脱出するための条件を提示します。

 

その中から、自分の好きな条件を選びます。それを実行すれば部屋から出してもらえるというものです。条件は次の通りです。

 

1番右の殺人鬼は銃を持っています。彼が1発銃弾を撃つので、それを避けられたら脱出させてくれます。

 

右から2番目の殺人鬼は毒薬を一つ、それと見た目が同じ無害のサプリメントを持っています。

 

これらのうちどちらかを飲み込んだら脱出させてくれます。

 

左から2番目の殺人鬼は、あなたが自分の腕をどちらか切り落としたら脱出させてくれます。

 

一番左の殺人鬼は、あなたが電気椅子に座って30分耐えることができたら脱出させてくれます。

 

どの殺人鬼を選べばあなたは確実に無傷で、この部屋を脱出できるでしょうか?

 

シンキングタイム!

 

こたえ

 

どれをとっても無傷というのは難しそうですよね。サプリメントを飲み込むか銃弾を避けることが最善のように思います。

 

しかし、ちょっと待ってください。最初にこの部屋は真っ暗で電気も通っていないと言いましたよね。

 

そうです。ここには電気がないのですから電気椅子に座っても安全なのです。

 

ということで答えは4番の「電気椅子に30分間座る」でした。

 

電気が通っていない電気椅子に座っているだけで、あなたは脱出できるのです。

 

 

1、島火事

殺人鬼のいる部屋から無事に脱出したあなたは外に出ることができました。

 

そこは、大海に浮かぶ断崖絶壁の無人島のようで、中心にいれば端から端を見渡せるほどの広さでした。

 

あなたが島の中心にいると、東側で森林火災が発生しています。

 

風は東から西に吹いているので、火はどんどん西、つまりあなたの方に向かってきています。

 

あと何時間かすれば、島の端まで燃やしきってしまうことになるでしょう。

 

あなたが出てきた出口はすでに炎に包まれていて、戻ることはできません。

 

地面はとても固く、穴を掘って隠れることもできません。島は断崖絶壁なので海に飛びこめば無事では済みません。

 

それでも炎は迫ってきています。この絶望的状況であなたが生き残るにはどうすれば良いでしょうか?

 

シンキングタイム!

 

こたえ

 

近くにある木の枝を拾い、東の火元から火を移しましょう。

 

その火を持ったら、島の西端近くの草木を先に燃やしてしまいましょう。

 

そこから島の端まで燃え尽きたら、その燃えた跡に移動します。

 

東から迫ってきた炎が燃え跡に到達すると、もう燃やすものがないので鎮火します。

 

これであなたは無事に生き残ることができました。

 

しかしすべてが燃え尽きた孤島で生き残るにはどうすれば良いのでしょう。

 

時間はたっぷりあります。ゆっくり考えましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です