善悪の屑(漫画)の元ネタになった事件5選




女子高生コンクリート詰め殺人事件|1巻5話

コン6

1988年11月から1989年1月の間に
東京都足立区綾瀬で起きた事件である。

被害者は当時17歳の女子高生。

わいせつ目的で拉致・強姦、
長期間にわたり監禁した。

強姦に関係したのは100人にも及ぶという。
暴行によって少女の顔は2倍にも
腫れ上がるほどであった。

暴行がエスカレートし殺害。

殺害後はコンクリート詰めにして死体遺棄。

しかも加害者4人はすべて未成年の少年であった。

史上最悪と呼ばれるこの事件だが、
加害者全員が一旦出所している。

しかし出所後に一人は監禁致傷事件を起こし、
一人は振り込め詐欺の犯罪に関わるなどしている。

尼崎事件|2巻8話

 

あま2

この事件は2012年10月に
兵庫県尼崎市で発覚した
連続殺人死体遺棄事件。

主犯格である角田美代子は、
25年もの間兵庫県尼崎市で
血縁関係のない人物と共同生活をし、
疑似家族を築きながら
マインドコントロールにより
支配していたと考えられている。

事件の発端は角田が、
当時私鉄に勤めていた男性に対して
「電車のドアに挟まってけがをした」
ことをきっかけに脅しをかける。

その後この男性の家族と関わり、
同居によって家族を乗っ取り、
以後複数人との共同生活をする。

1987年頃に起こった女性失踪事件により、
暴行や監禁などの虐待により死亡したとされる
複数名の被害者や行方不明者が発覚する。

あま3

しかし角田美代子が刑務所内で
自殺したことにより、
事件の真相は未だわからない。

 

世田谷一家殺害事件|2巻11話

 

せ4

2000年に東京都世田谷区の
一家4人が殺害された事件。

犯人は一家4人を惨殺した後、
10時間以上もこの家に留まり
1階にあったパソコンを操作し、
インターネットにも接続した形跡もあり
マウスからは指紋が検出されている。

犯人の逃走後、現場には犯人が着ていた
トレーナーやユニクロ製の黒いジャンパー、
マフラー、帽子、凶器となった柳刃包丁等の
遺留品も多く早期解決が予想されたが
犯行動機および犯人逮捕に至っていない。

 

池袋危険ドラッグ吸引RV暴走死亡事故|2巻13話

 

池4

2014年6月24日午後7時55分頃、
池袋駅西口の路上で脱法ハーブを吸った男が
暴走事故を起こしRV車で歩行者を
次々とはねていった事故である。

これにより飲食店店員の女性1名が死亡。
6人が重軽傷を負った。

男は意識が朦朧とした状態で事故を起こし、
口からよだれを流す映像が
テレビでやネットでも流れ衝撃的であった。

以前は「脱法ドラッグ」と呼ばれていたが
この危険性が大きく取り上げられ、
この事故によって「危険ドラッグ」
へと名称が変更となるきっかけとなった。

 

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件|3巻17話

 

さい2

これは1988年から1989年にかけて
東京と埼玉で起きた、連続幼女誘拐殺人事件である。

犯人の宮崎勤元死刑囚は、
4歳から7歳の4人の幼女を
わいせつ目的で誘拐し殺害。

その行動は極めて異常で
犯人は犯行声明を新聞社に送り、
殺害した幼女の遺骨を遺族に
送り付けるなどの行動を取る。

自宅には殺害時に撮影したビデオがあり
押収されたが、捜査員も見るに堪えない
内容だったという。

公判においても
「犯行は覚めない夢の中でやった」
「ネズミ人間が現れた」
という供述を繰り返し、
遺族に謝罪がないままに死刑が確定し
2008年に執行された。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です