死刑囚が刑執行直前に残した最後の言葉ランキング10



Pocket

 

ロバート・タワーリー

タワーリーは1991年9月4日にアリゾナで絞殺殺人を犯した。
彼は薬物注射による死刑を言い渡され、2012年に執行された。

最後の言葉は、
”私は家族を愛している。ポテト、ポテト、ポテト”
であった。

 

ジョージ・アペル

 

アペルは1920年代にニューヨークで
ニューヨーク市警の警官を殺害した。

彼は電気処刑を言い渡され、くだらない最後の言葉を残した。

”諸君は今から焼かれたアペルを見ることになるね”

 

カール・パンズラム

パンズラムは22件の殺人と1000件の肛門性交の罪を犯し
死刑となった。

1930年9月5日にカンサスで絞首刑で執行された。

最後の言葉は、
”早くしてくれ、使えない馬鹿どもめ。
おまえらがぐずぐずしている間にあと10人は殺すことができたよ”
であった。

 

トーマス・グラッソ

グラッソは、1990年と1991年にオクラホマとニューヨークで
女性2人を窒息死させた。

彼は薬物注射での死刑を言い渡され、
1995年3月にオクラホマで刑が執行された。

最後の言葉は、
”私は自分のスパゲッティO’sを食べなかった。
マスコミにはそれを知ってほしい。”
であった。

 

ゲアリー・ギルモア

ギルモアは1976年ユタで凶器を使った強盗と殺人2件を犯した。
1976年に死刑制度が復活してから、彼は最初の死刑執行者となった。
最後の言葉は、
”さあ、やろうじゃないか”
だった。

 

ジェームズ・D.・フレンチ

フレンチは2人の殺害で終身刑を言い渡された。
彼は自殺を犯すことが怖かったために、
同じじ監房の仲間を殺害し、強制的に彼の刑を執行させるようにした。

最後の言葉は、
”新聞の見出しにこんなのはいかが?’フレンチフライズ’ ”
であった。

 

ゲアリー・バリス

1980年にインディアナでタクシードライバー殺害の罪を犯した。
彼は薬物注射による死刑を言い渡され、1987年に執行された。
最後の言葉は、
”(天国に)飛ばしてくれ”だった。

 

アイリーン・ウォーノス

ウォーノスは7人の男性を殺害した売春婦であった。
彼女は薬物注射による死刑を宣告され、2002年に刑が執行された。

最後の言葉は、
”言いたいことはただ、私はロックと共に航海していて、
6月6日独立記念日にキリストと共に戻る
。映画のような大きな母艦や他のものと一緒に戻ってくるから”
であった。

 

クレアレンス・レイ・アーレン

アーレンは3人を殺害、裁判で彼に不利な証言をした人々を殺した。
彼は、高齢を理由に寛大な判決を要請したが却下され
、2006年に死刑が執行された。

最後に彼は
”私の最後の言葉はこれだ。ホカヘーイ、死ぬには良い日だなぁ”
と言った。

 

ロバート・ドゥルー

 

ドゥルーは1983年にテキサスで男性を刺殺して有罪となった。
彼は薬物注射による死刑を言い渡され、1994年に刑が執行された。

最後の言葉は、
”覚えておけ。死刑は殺人だ”
というものだった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です